12/2フロンターレ川崎が最終戦に勝利を飾り、鹿島アントラーズが引き分けたため、悲願のJリーグ初優勝した。
初優勝こそ嬉しいが、今年度からの優勝賞金が凄い事になっている。

20171203-00000001-wordleafs-05aa68477bc94c9d1a3fcf2f2ba0c90aa


 Jリーグは昨年7月に英動画配信大手のパフォーム社が提供するスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」と17年から10年間、約2100億円の大型放映権契約を締結。今季より優勝チームへの配分金が大幅に増額している。


 優勝した川崎Fには、今季のリーグ優勝で総額18億5000万円が渡ることが決定。内訳は優勝賞金が3億円、そして理念強化配分金が翌年以降の支払いとなるが、18年に10億円、19年に4億円、20年に1.5億円が支払われることが決まった。このほか、J1クラブに均等配分される3億5000万円もあり、川崎Fは総額22億円を受け取る。

 また2位の鹿島には賞金1億2000万円、そして理念強化配分金が18年に4億円、19年に2億円、20年に1億円で総額8億2000万円が支払われる。鹿島アントラーズにとっては総額差は10億3000万円。大きな差を生むV逸劇となってしまった。

 なお3位のセレッソ大阪には賞金6000万円と理念強化配分金が18年に2億円、19年に1億5000万円。4位の柏レイソルには理念強化配分金が18年に1億8000万円支払われることになる。ただし理念強化配分金を受け取るためには同年度の審査を通過する必要がある。

 昨年度、年間優勝した鹿島が受け取った賞金は総額1億8500万円(年間総合優勝1億円、第1ステージ優勝5000万円、年間勝ち点3位2000万円、CS準決勝勝利1500万円)だった。

来期もフロンターレ川崎はアジア・チャンピオンズリーグを戦うことになる。この補強費をうまく利用して常勝軍団、リーグ連覇とアジア・チャンピオンズリーグを目指して欲しいものだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

▽ Poland (8th time for the 3rd tournament, 7th in the FIFA ranking)

In the third round, FW Lebannwiski, who belongs to Bayern München, exploded in 10 goals in the European qualifying round of 16 goals. One of the world's best strikers with a variety of scoring patterns including FK has also scored 30 goals for two consecutive seasons in the Bundesliga

FW Lebandowski and MF Bwaschkowski who are active as the center of the representative for a long time and Mr. Shiji Kagawa 's teammate' s Pishec with Dortmund also gather attention. In addition, GK Szczhensi who came across a strong club such as Arsenal (England) gathers defense from the last tail.

Either way, for the Japanese national team, the development of the game will change depending on how much points are accumulated and the third game can be hoped for.

2012_pokalfinale_jubel_kagawa_kuba_628

 


 

ポーランド代表メンバー (2017/8/18発表)
 2018年W杯欧州予選グループE・デンマークとのアウェー戦(9/1:会場コペンハーゲン)とカザフスタンとのホーム戦(9/4:会場ワルシャワ)に向けた代表メンバー
GK
ボイチェフ・シュチェスニー
(Wojciech SZCZESNY)
ユベントス
(イタリア)
90.4.18195/75
ウカシュ・スコルプスキ
(Lukasz SKORUPSKI)
ASローマ
(イタリア)
91.5.5187/84
ウカシュ・ファビアニスキ
(Lukasz FABIANSKI)
スウォンジー・シティ
(ウェールズ)
85.4.18190/84
プジェミスラフ・ティトニ
(Przemyslaw TYTON)
デポルティボ・ラ・コルーニャ
(スペイン)
87.5.23195/80
DF
ミハウ・パズダン
(Michal PAZDAN)
レギア・ワルシャワ87.9.21180/78
アルトゥル・イェンドゼイチク
(Artur JEDRZEJCZYK)
レギア・ワルシャワ87.11.4189/78
トマシュ・ケジオラ
(Tomasz KEDZIORA)
ディナモ・キエフ
(ウクライナ)
94.6.11183/73
ヤン・ベドナレク
(Jan BEDNAREK)
サウサンプトン
(イングランド)
96.4.12189/77
カミル・グリク
(Kamil GLIK)
ASモナコ
(フランス)
88.2.3190/80
バルトシュ・ベレシニスキ
(Bartosz BERESZYNSKI)
サンプドリア
(イタリア)
92.7.12182/72
チアゴ・ランゲル・チオネク
(Thiago RANGEL CIONEK)
パレルモ
(イタリア)
86.4.12184/80
マルチン・カミニスキ
(Marcin KAMINSKI)
VfBシュツットガルト
(ドイツ)
92.1.15191/76
ウカシュ・ピシュチェク
(Lukasz PISZCZEK)
ボルシア・ドルトムント
(ドイツ)
85.6.3184/75
MF
マチエイ・マクシェフスキ
(Maciej MAKUSZEWSKI)
レフ・ポズナニ89.9.29176/70
クリストフ・マチニスキ
(Krzysztof MACYNSKI)
レギア・ワルシャワ87.5.23176/66
スラヴォミール・ペシュコ
(Slawomir PESZKO)
レヒア・グダニスク85.2.19174/67
フィリプ・スタルジニスキ
(Filip STARZYNSKI)
ザグレンビエ・ルビン91.5.27184/70
ヤツェク・ゴラルスキ
(Jacek GORALSKI)
ルドゴレツ・ラズグラド
(ブルガリア)
92.9.21172/66
マチエイ・リブス
(Maciej RYBUS)
ロコモティフ・モスクワ
(ロシア)
89.8.19172/75
ヤクブ・ブワシュチコフスキ
(Jakub BLASZCZYKOWSKI)
VfLボルフスブルク
(ドイツ)
85.12.14173/67
カミル・グロシツキ
(Kamil GROSICKI)
ハル・シティ
(イングランド)
88.6.8177/75
パヴェウ・ヴショウェク
(Pawel WSZOLEK)
クイーンズ・パーク・レンジャーズ
(イングランド)
92.4.30186/77
カロル・リネティ
(Karol LINETTY)
サンプドリア
(イタリア)
95.2.2176/73
ピオトル・ジエリンスキ
(Piotr ZIELINSKI)
ナポリ
(イタリア)
94.5.20177/64
FW
ロベルト・レヴァンドフスキ
(Robert LEWANDOWSKI)
バイエルン・ミュンヘン
(ドイツ)
88.8.21181/79
アルカディウシュ・ミリク
(Arkadiusz MILIK)
ナポリ
(イタリア)
94.2.28183/73
ウカシュ・テオドルチク
(Lukasz TEODORCZYK)
アンデルレヒト
(ベルギー)
91.6.3185/76
カミル・ヴィルチェク
(Kamil WILCZEK)
ブレンビー
(デンマーク)
88.1.14186/78



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

▽ポーランド(3大会ぶり8度目の出場、FIFAランキング7位)

第3戦は 元ドルトムントでドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンに所属するFWレバンドフスキは欧州予選10試合16ゴールで爆発した。FKを含め多彩な得点パターンを持つ世界屈指のストライカーは、ブンデスリーガーでも2季続けて30得点をマークした。

2012_pokalfinale_jubel_kagawa_kuba_628

 長く代表の中心として活躍するレバンドフスキとMFブワシュチコフスキ、ドルトムント(ドイツ)で香川真司のチームメートのピシェックとの対戦にも注目が集まる。またアーセナル(イングランド)などの強豪クラブを渡り歩いてきたGKシュチェンスニが最後尾から守備をまとめる。
 いずれにしても日本代表にとっては勝ち点をどれだけ積み上げて第3戦に望めるかで試合の展開も変わってくるだろう。






 

ポーランド代表メンバー (2017/8/18発表)
 2018年W杯欧州予選グループE・デンマークとのアウェー戦(9/1:会場コペンハーゲン)とカザフスタンとのホーム戦(9/4:会場ワルシャワ)に向けた代表メンバー
GK
ボイチェフ・シュチェスニー
(Wojciech SZCZESNY)
ユベントス
(イタリア)
90.4.18195/75
ウカシュ・スコルプスキ
(Lukasz SKORUPSKI)
ASローマ
(イタリア)
91.5.5187/84
ウカシュ・ファビアニスキ
(Lukasz FABIANSKI)
スウォンジー・シティ
(ウェールズ)
85.4.18190/84
プジェミスラフ・ティトニ
(Przemyslaw TYTON)
デポルティボ・ラ・コルーニャ
(スペイン)
87.5.23195/80
DF
ミハウ・パズダン
(Michal PAZDAN)
レギア・ワルシャワ87.9.21180/78
アルトゥル・イェンドゼイチク
(Artur JEDRZEJCZYK)
レギア・ワルシャワ87.11.4189/78
トマシュ・ケジオラ
(Tomasz KEDZIORA)
ディナモ・キエフ
(ウクライナ)
94.6.11183/73
ヤン・ベドナレク
(Jan BEDNAREK)
サウサンプトン
(イングランド)
96.4.12189/77
カミル・グリク
(Kamil GLIK)
ASモナコ
(フランス)
88.2.3190/80
バルトシュ・ベレシニスキ
(Bartosz BERESZYNSKI)
サンプドリア
(イタリア)
92.7.12182/72
チアゴ・ランゲル・チオネク
(Thiago RANGEL CIONEK)
パレルモ
(イタリア)
86.4.12184/80
マルチン・カミニスキ
(Marcin KAMINSKI)
VfBシュツットガルト
(ドイツ)
92.1.15191/76
ウカシュ・ピシュチェク
(Lukasz PISZCZEK)
ボルシア・ドルトムント
(ドイツ)
85.6.3184/75
MF
マチエイ・マクシェフスキ
(Maciej MAKUSZEWSKI)
レフ・ポズナニ89.9.29176/70
クリストフ・マチニスキ
(Krzysztof MACYNSKI)
レギア・ワルシャワ87.5.23176/66
スラヴォミール・ペシュコ
(Slawomir PESZKO)
レヒア・グダニスク85.2.19174/67
フィリプ・スタルジニスキ
(Filip STARZYNSKI)
ザグレンビエ・ルビン91.5.27184/70
ヤツェク・ゴラルスキ
(Jacek GORALSKI)
ルドゴレツ・ラズグラド
(ブルガリア)
92.9.21172/66
マチエイ・リブス
(Maciej RYBUS)
ロコモティフ・モスクワ
(ロシア)
89.8.19172/75
ヤクブ・ブワシュチコフスキ
(Jakub BLASZCZYKOWSKI)
VfLボルフスブルク
(ドイツ)
85.12.14173/67
カミル・グロシツキ
(Kamil GROSICKI)
ハル・シティ
(イングランド)
88.6.8177/75
パヴェウ・ヴショウェク
(Pawel WSZOLEK)
クイーンズ・パーク・レンジャーズ
(イングランド)
92.4.30186/77
カロル・リネティ
(Karol LINETTY)
サンプドリア
(イタリア)
95.2.2176/73
ピオトル・ジエリンスキ
(Piotr ZIELINSKI)
ナポリ
(イタリア)
94.5.20177/64
FW
ロベルト・レヴァンドフスキ
(Robert LEWANDOWSKI)
バイエルン・ミュンヘン
(ドイツ)
88.8.21181/79
アルカディウシュ・ミリク
(Arkadiusz MILIK)
ナポリ
(イタリア)
94.2.28183/73
ウカシュ・テオドルチク
(Lukasz TEODORCZYK)
アンデルレヒト
(ベルギー)
91.6.3185/76
カミル・ヴィルチェク
(Kamil WILCZEK)
ブレンビー
(デンマーク)
88.1.14186/78



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ