のどじまん The World でラオス代表のアリタさんが
1曲目に歌ったDrems Come True の「何度でも」は2005年にドラマ主題歌として発売されて、
ファンの中でも人気の高い曲でもあり、日本の国民的応援歌のひとつでもあります。
何でもチャレンジして駄目でも、次があるさっという曲でもあり、
受験や仕事、恋愛に置き換えて考えることもできる。
日本人にとっては、おなじみの曲ですが、ラオス人の方で読まれている方がいるかもしれないので
歌詞をこちらです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
何度でも /  Dreams Come True
作詞:吉田美和

こみ上げてくる涙を 何回拭いたら   Komiagetekuru namida wo nanndo fuitara
伝えたい言葉は 届くだろう?                  tsutaetaikotobaha todokudarou ?

誰かや何かに怒っても 出口はないから    Darekaya Nanikani okottemo deguti ha nai kara

何度でも何度でも何度でも                        Nandedemo nandodemo nandodemo     
立ち上がり呼ぶよ                                       tatchiagari yobuyo
きみの名前 声が涸れるまで                     kimi no namae koe ga kareru made
悔しくて苦しくて                                       kuyasikute kurushikute
がんばってもどうしようもない時も          ganbattemo dousiyoumonai toki mo
きみを思い出すよ                                       kimi wo omoi dasuyo

10000回だめで へとへとになっても            ichiman kai damede hetoheto ni nattemo
10001回目は 何か 変わるかもしれない     ichimanikkai me ha nanika kawaru kamo shirenai

口にする度 本当に伝えたい言葉は    kuchinisuru tabi hontou ni tsutaetai kotoba ha
ぽろぽろとこぼれて 逃げていく       poro poro to koborete nigeteiku

悲しみに支配させてただ 潰されるのなら    kanasimini shihaisasetetada tsubusareru no nara

何度でも何度でも何度でも                       Nandedemo nandodemo nandodemo 
立ち上がり呼ぶよ                                      Tachi agari yobuyo
きみの名前 声が涸れるまで                    kimi no namae koe ga karerumade
落ち込んでやる気ももう底ついて             ochikonde yarukimo mou soko tsuite
がんばれない時も きみを思い出すよ     ganbarenai tokimo kimiwo omoi dasuyo

10000回だめで かっこ悪くても         ichiman kai damode kakko warukutemo
10001回目は 何か 変わるかもしれない  ichiman ikkaime ha nanika kawarukamoshirenai

前を向いてしがみついて胸掻きむしってあきらめないで叫べ!
                                               mae wo muite shigamitsuite mune kaki mushitte akiramenaide sakebe !

何度でも何度でも何度でも                       Nandedemo nandodemo nandodemo 
立ち上がり呼ぶよ                                      Tachi agari yobuyo
きみの名前 声が涸れるまで                    kimi no namae koe ga karerumade
落ち込んでやる気ももう底ついて             ochikonde yarukimo mou soko tsuite
がんばれない時も きみを思い出すよ     ganbarenai tokimo kimiwo omoi dasuyo

この先も躓いて傷ついて傷つけて              kono saki mo tumazukte kizutuite kizutuite
終わりのないやり場のない怒りさえ          owari no nai yariba no nai ikari sae
                                                              

もどかしく抱きながら                           modokashiku daki nakaga
どうしてわからないんだ?                    dousite wakaranainda ?
伝わらないんだ?                                   tsutawaranainda ?
喘ぎ嘆きながら                                       aegi nageki nagara
自分と戦ってみるよ                                jibun to tatakatte miruyo

10000回だめで 望みなくなっても     ichiman kai damede nozomi nakunattetmo
10001回目は 来る                              ichiman ikkai meha kuru

きみを呼ぶ声 力にしていくよ 何度も       kimiwo yobu koe chikarani shite ikuyo nandomo
明日がその10001回目かもしれない…    asitaga sono ichiman ikkaime kamo sirenai ...


何度でも
Universal Music LLC
2015-07-07

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Alita Alounsavath a 3rd grade student of Laos participated in the program called "Nodo Jiman THE World! Song for Japan!" Broadcast on Nippon Television on Saturday, November 25, 2017 (Sat) from 19: 00-21: 54 and participated for the first time she left a record of second place winning.

The program invites foreigners who love Japanese songs from all over the world and asks them to express their feelings to Japan and at the same time decides "the best foreigners in the world in the world" songs. 

This time, the invited contestants were 15 groups in 13 countries, the performers were divided into 3 groups of 5 blocks, the top 5 groups and 6 pairs of the highest score among the 2nd place in each group I can advance into the final and fight for the championship. Laotian representative Alita was the youngest of the performers this time.

Alita who ranked third in the D group and appeared twelveth overall sang "DREAMS COME TRUE" "Nandodemo" and got a super high score of 398 points (out of 400 points) and passed the qualification of the D group.

In addition, 398 points were the top tie among 15 pairs who participated in the preliminary round.
Alitala appeared sixth among the six in the final performed in six pairs of performers.

Kenya 's Japanese - living resident Suinky won a qualifying score of 398 and Alita' s Top  record but in the final it won a super high score of 498 points (out of 500 points).

The way of the victory was narrowed down to Ms. Alita and Sucky singing at the end. Ms. Alita sings enthusiastic song "Sakura iro maukoro " by Mika Nakashima's ballad.

 Although it was Alita who showed a perfect singing voice unimaginable to be 13 years old, it resulted in a second prize won by 497 points without regretting one point.


IMGP2452


sorry,This page is  Google translation.
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年11月25日(土)19:00~21:54に日本テレビで放送された「のどじまんTHEワールド!」という番組にラオス人の中学生3年生のアリタ・アルンサワットさんが出場して初出場で準優勝という成績を残した。

番組は世界中から日本の歌を愛する外国人を招き、日本への思いを歌で伝えてもらうと同時に「世界一日本の歌がうまい外国人」を決定する。
今回、招待されてた出場者は13カ国15組で、出演者は5ブロック3組に分けられて予選を行い上位5組と残りの10組中2高得点の2組の、7組が決勝に進出できて優勝を争う。
ラオス代表のアリタさんは今回の出演者の中で最年少だった。

Dグループの3番手で全体の12番目に登場したアリタさんはDREAMS COME TRUEの「何度でも」を歌い398点(400点満点中)の超高得点を獲得しDグループの予選を通過した。また398点は予選に参加した15組中でもトップタイだった。

6組の出演者で争われて決勝では予選最高得点のアリタさんは7組中7番目になった。5番目にケニア代表の日本在住スィンキーさんは予選で398点とアリタさんトップタイの成績を残していたのだが、決勝でも498点(500点満点中)の超高得点を獲得。優勝の行方は最後に歌うアリタさんとスィンキーさんに絞られた。アリタさんは中島美嘉のバラードの名曲「桜色舞うころ」を熱唱。13歳とは思えない完璧な歌声を披露したアリタさんだったが497点と惜しくも1点及ばず準優勝という結果になった。

1280x720-WRR



にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ