2018年06月

SAMURAI BLUE(日本代表)が2018 FIFAワールドカップロシアで白星スタートを切りました。6月19日(火)、サランスクのモルドビア・アリーナで行われたグループH初戦でコロンビアに2-1で勝利。2010年南アフリカ大会以来となるワールドカップでの白星をマークしました。

香川真司選手(ボルシア・ドルトムント)のPKで前半早々にリードを奪い、ハーフタイム前に同点にされたものの、73分に大迫勇也選手(ベルダー・ブレーメン)が左CKから追加点を挙げました。

ロシア大会初戦は、4年前のブラジル大会で日本がグループステージ突破をかけて臨んだ最終戦で1-4の黒星を喫したコロンビアが相手です。当時の試合を経験したGK川島永嗣選手(FCメス)、長友佑都選手(ガラタサライ)、吉田麻也選手(サウサンプトン)、長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)、香川選手の5人が先発入り。そこに酒井宏樹選手(オリンピック・マルセイユ)、昌子源選手(鹿島アントラーズ)、そして「中盤でイニシアティブを獲りたい」(西野朗監督)として、柴崎岳選手(ヘタフェCF)、原口元気選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)、乾貴士選手(レアル・ベティス)を配し、1トップの大迫選手と組ませました。

コロンビアも先発の4人が4年前の試合に出たメンバーでしたが、コンディション不良のハメス・ロドリゲス選手をベンチに置き、ラダメル・ファルカオ選手とフアン・キンテロ選手を前線に起用した先発です。

湿度は低いながら気温は32度。多くのコロンビアサポーターがスタンドから大声援を送るアウェイ感漂う雰囲気の試合は、開始早々に動きました。

立ち上がり3分、日本はバックラインからの縦パスを大迫選手が相手と競り合いながらゲットすると、左足でシュート。相手GKに弾かれますが、そのリバウンドに香川選手が反応。左足を振るとシュートは相手のハンドを誘ってPKを獲得。カルロス・サンチェス選手は退場となります。このPKを香川選手が右に蹴り、相手GKの逆を突いて貴重な先制点を奪いました。


一人少なくなったコロンビアは、キンテロ選手を下がり目に置いて4-2-3-1から4-4-1に変更して対応します。

日本はボールを保持する時間が増えて、15分には香川選手-乾選手のホットラインで決定機を作り、乾選手がペナルティボックス左から切り込んで右足を振りますが、カーブのかかったボールはわずかに枠の外へ流れます。

コロンビアはクアドラード選手が右サイドで仕掛けますが、長友選手が対応。流れの中から決定機を作らせません。26分にCKの流れから、クアドラード選手がシュートを打ちますが、これも長友選手がクリアしました。

再び試合が動いたのは38分でした。ファルカオ選手と競り合った長谷部選手がファウルを取られてコロンビアがFKを得ます。キンテロ選手が蹴ったグラウンダーのシュートはディフェンスの壁の足元を抜けてゴール右隅へ入りました。


1-1で後半に入り、日本は積極的に仕掛けます。54分、香川選手のパスを受けた大迫選手が左からシュート、その3分後には乾選手が中央からシュートを放ち、相手ゴールを脅かします。61分にはFKから酒井選手が相手ゴールに迫ります。

均衡を破りたい日本は70分に香川選手に代えて本田圭佑選手を投入。すると、その3分後に本田選手が決勝ゴールをお膳立てします。

日本は右サイドから仕掛けて、ゴール前で相手DFを背負ってボールキープした大迫選手からパスを受けて酒井選手がシュート。これがCKになります。このCKを本田選手がゴール前に送り、大迫選手が頭で合わせてゴールネットを揺らしました。

日本はこのリードを冷静に最後までキープして2-1で勝利を収め、貴重な大会初戦での勝点3を手にしました。

なお、グループHのもう1つの試合ではセネガルがポーランドに2-1で勝利。初戦を終えて日本とセネガルが勝点3でリードしています。

日本は24日(日)にエカテリンブルクでの第2戦でセネガルと対戦します。



監督・選手コメント

SAMURAI BLUE(日本代表)西野朗 監督
スタートから非常にアグレッシブに入れて、1プレーで得点し、数的優位の中で試合を進めることができました。ただ、数的優位というだけですべてが優位な状況ではなく、ポジショニングでの優位性を持たなくてはならないのですが、なんとなく攻守にアドバンテージがあるような戦い方をして、得点後はコロンビアにポジショニングで数的優位与えていました。ハーフタイムに、前半以上に動くことで優位なポジショニングをするように選手に伝えて、後半はポゼッションもかなり高まって、ファルカオ選手をはじめ、前線の選手たちのエネルギーを失わせることができました。勝ちきることを求めて、リスタートで決定機もいくつか作れて、ハーフタイムでの全員の修正力、対応力が運動量も含めて、コロンビアを上回れたのではないかと思いますし、後半は自分たちがゲームもボールもコントロールできたことで、2点目につながったと思います。選手は非常にアグレッシブにタフに戦って、スタートからスムーズに全体で入れたのが良かったのではないかと思っています。
最高の目標設定をした中で、初戦をこういう形で終えることができて、大きなアドバンテージだと思いますが、2戦目も3戦目も非常に厳しい相手です。自分たちのストロングポイントをいかに出せるかにフォーカスしながら、この4日間準備していきたいと思います。

GK #1 川島永嗣 選手(FCメス)
相手が3分で10人になっているので一概には言えないと思いますが、4年前に自分たちが感じた悔しさをこの試合で晴らせたことは、自分たちにとって大きなことだと思いますし、監督が交代した難しい状況で、1つまた大きな自信になったと思います。あの試合から時間が止まっていたところはあったと思うので、これでまた自分たちの時間が動き出したと思います。

FP #7 柴崎岳 選手(ヘタフェCF)
相手が11人でも10人でも、より多くの回数を(ボールに)触ろうと思ってやっていました。10人になったのでやりやすかったというのはありますが、そこから展開していく意図はありましたし、前後半で多少ポジショニングを変えて、改善できた部分はあると思います。立ち上がりは特にそういう展開も視野に入れながら、相手を出し抜くことを考えていました。うまくPKを誘えて、自分たちが引き寄せた流れだったかと思います。

FP #10 香川真司 選手(ボルシア・ドルトムント)
PKのところは、大迫選手がよく粘ってくれて、GKも弾くのではと思っていたら、いいところに流れてきました。結果的に退場者が出て、ペナルティをしっかり決めることができたのは大きかったと思います。PKは自分でとったので、蹴る気満々でした。練習もしていたので、それが形になってよかったです。大会初戦の難しさは感じたと思いますが、最後に本田選手のボールから大迫選手がしっかりとれて、しっかり勝ち切れたことは良かったと思います。

FP #15 大迫勇也 選手(ベルダー・ブレーメン)
ワールドカップで得点をとることは子どもの頃からの夢だったので、この舞台で得点を取れて素直にうれしかったです。監督からは「絶対に受け身にならないこと」を言われていましたし、「最初は前から行こう」とみんなで話していました。香川選手の1点目も、あそこで負けずに相手DFに勝てたことはよかった。この4年間ドイツでやってきて、本当によかったなと思います。

田嶋幸三 JFA会長
この1戦に勝てたのは大きいことですが、次の2試合をどう戦うかです。選手たちもこういう戦い方を経て成長していきますし、どんどん経験を積んで、それを僕らが日本に残すことをしていかなければなりません。”ドーハの悲劇”があったり、ドログバが出てきて敗れたりと、そういう経験をして、それが日本サッカーの伝統になっていきますし、それを僕らは学んでいくのだと思います。

ホセ・ペケルマン コロンビア代表 監督
3分で重要な選手を失って、一人少ない中で前半のうちに同点にしたのですが、後半に入って日本は自分たちのスタイルでうまくプレーして、チャンスをモノにしました。我々はポゼッションが低くてうまくできず、ハメス選手を入れても日本は自信をもってやっていました。ただ、我々は一人少ない中で同点にできたので、次の試合では勝てると思いますし、残る2試合でこの負けを相殺したいと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 6/19 日本代表 VS コロンビア代表

adb612858901b933676bc1b51cf0f0a4_1528254172_1


 2018年W杯(6/14~7/15)に向けた代表メンバー
GK
1ダビド・オスピナ
(David OSPINA)
アーセナル
(イングランド)
88.8.31183/80
12カミーロ・バルガス
(Camilo VARGAS)
デポルティボ・カリ89.3.9185/80
22ホセ・フェルナンド・クアドラード
(Jose Fernando CUADRADO)
オンセ・カルダス85.6.1180/80
DF
18フランク・ファブラ
(Frank FABRA)
ボカ・ジュニアーズ
(アルゼンチン)
91.2.22172/72
3オスカル・ムリージョ
(Oscar MURILLO)
パチューカ
(メキシコ)
88.4.18184/80
4サンティアゴ・アリアス
(Santiago ARIAS)
PSVアイントホーフェン
(オランダ)
92.1.13177/71
23ダビンソン・サンチェス
(Davinson SANCHEZ)
トッテナム・ホットスパー
(イングランド)
96.6.12187/81
2クリスティアン・サパタ
(Cristian ZAPATA)
ACミラン
(イタリア)
86.9.30187/82
17ホアン・モヒカ
(Johan MOJICA)
ジローナ
(スペイン)
92.8.21185/66
13ジェリー・ミナ
(Yerry MINA)
バルセロナ
(スペイン)
94.9.23194/95
MF
8アベル・アギラール
(Abel AGUILAR)
デポルティボ・カリ85.1.6185/82
5ウィルマル・バリオス
(Wilmar BARRIOS)
ボカ・ジュニアーズ
(アルゼンチン)
93.10.16178/74
20ファン・フェルナンド・キンテーロ
(Juan Fernando QUINTERO)
リバープレート
(アルゼンチン)
93.1.18169/64
15マテウス・ウリベ
(Andres Matheus URIBE)
アメリカ
(メキシコ)
91.3.21182/71
16ジェフェルソン・レルマ
(Jefferson LERMA)
レバンテ
(スペイン)
94.10.25179/70
6カルロス・アルベルト・サンチェス
(Carlos Alberto SANCHEZ)
エスパニョール
(スペイン)
86.2.6182/82
11ファン・ギジェルモ・クアドラード
(Juan Guillermo CUADRADO)
ユベントス
(イタリア)
88.5.26179/72
10ハメス・ロドリゲス
(James RODRIGUEZ)
バイエルン・ミュンヘン
(ドイツ)
91.7.12180/75
FW
9ラダメル・ファルカオ
(Radamel FALCAO Garcia)
ASモナコ
(フランス)
86.2.10177/72
7カルロス・バッカ
(Carlos BACCA)
ビジャレアル
(スペイン)
86.9.8181/77
14ルイス・ムリエル
(Luis MURIEL)
セビージャ
(スペイン)
91.4.16178/79
21ホセ・イスキエルド
(Jose IZQUIERDO)
ブライトン・&ホーヴ・アルビオン
(イングランド)
92.7.7171/73
19ミゲル・ボルハ
(Miguel BORJA)
パルメイラス
(ブラジル)
93.1.26183/74





DfFRVrtU0AEHjvc


市場価格
ハメス・ロドリゲス   70,00 Mill. €
ダビンソン・サンチェス 40,00 Mill. €
クアルラード 28,00 Mill. €

https://www.transfermarkt.com/spieler-statistik/wertvollstespieler/marktwertetop/plus/0/galerie/0?ausrichtung=alle&spielerposition_id=alle&altersklasse=alle&jahrgang=0&land_id=83&yt0=Show



dt.common.streams.StreamServer
Oscar MURILLO & Keisuke HONDA




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「国際親善試合、日本4-2パラグアイ」(12日、インスブルック)

 日本はMF乾貴士(30)=ベティス=の2ゴールなどで、西野朗監督の就任後、初勝利を挙げた。トップ下で先発したMF香川真司(29)=ドルトムント=は試合終了間際にチーム4点目となるゴールを決め、1アシスト1得点と存在感を示した。

998dd6105069acc3108ba43e0bf0e819_1528817662_1


W杯初戦のコロンビア戦(19日)前の最後の試合、香川はトップ下で先発出場した。前半は、エリア内に入っての効果的な攻撃ができず、先制点も許したが、後半に結果が出た。

 後半6分に昌子からのパスを受け、左サイドの乾にはたいて同点弾のお膳立てをした。さらに同18分には、右サイドの武藤からのパスをゴール正面方向にワンタッチでコースを変える形で乾の2点目をアシスト。元C大阪のコンビが好連携を見せた。

 試合終了間際には左サイドから小刻みなボールタッチで相手守備選手をかわしてチーム4点目となるゴールを奪取。昨年10月10日のハイチ戦以来となる代表戦での得点となった。

 試合を終え、「90分通して、チームとしてやり続けていこうというのはあったので、その成果が、最後しっかり逆転できましたし、非常に自信になったのかなと思います」と振り返った。

 個人的なプレーも「後半チームとしてギアを上げて、守備の局面においてもアグレッシブにやり続けられたので、だからこそ攻撃にリズムが生まれたと思っている。このベースを忘れずに次の試合へ準備したいと思います」と手応えをつかんだ様子だった。

 特に、岡崎ら前線の選手が積極的に守備にいけたと自己評価。「僕、岡ちゃん(岡崎)以外にもみんながチームとして前向きに重心を前にして、守備に行けていたので。チームとしてやり続けられたからこそいい守備ができたと思っているので、この気持ちを忘れずに。次はもっとタフな戦いになると思うので、しっかり準備していきたいなと思います」と語った。

 得点については「その前に数多くのチャンスを外していたので」と反省したが、「しっかりあのイメージを持てたことは自信になりますし。あくまでも次はやらなければならない戦いなので、ああいう舞台で出せるように準備したいと思います」とW杯本大会につながる得点になった様子だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

20180609_shinji-kagawa8937

日本代表は12日、オーストリア・インスブルックのチボリ・シュタディオンでパラグアイ代表と対戦する。現地時間15時5分(日本時間22時5分)のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、8日のスイス戦(0-2)から先発10人を入れ替えた。  スイス戦に続いて先発するのはDF酒井高徳のみ。その酒井高もポジションは右サイドバックから左サイドバックに変わりそうだ。GKは東口順昭、4バックは右からDF遠藤航、DF植田直通、DF昌子源、酒井高。中盤はMF山口蛍、MF柴崎岳、MF香川真司の3枚で、前線は右にFW武藤嘉紀、左にMF乾貴士、中央にFW岡崎慎司が入る。ゲームキャプテンは山口が務める。  最新のFIFAランキングでは日本の61位に対し、パラグアイは32位。W杯南米予選は7位で予選敗退に終わった。過去の対戦成績は2勝4分2敗(PK戦は引き分け扱い)。10年南アフリカW杯では決勝トーナメント1回戦で対戦し、PK戦の末に敗れた。直近では10年9月4日のキリンチャレンジ杯で対戦し、日本が1-0で勝っている。

[日本] 先発
GK 12 東口順昭
DF 2 植田直通 DF 3 昌子源 DF 6 遠藤航 DF 21 酒井高徳
MF 7 柴崎岳 MF 10 香川真司 MF 14 乾貴士 MF 16 山口蛍(Cap) FW 9 岡崎慎司
FW 13 武藤嘉紀


控え GK 1 川島永嗣 GK 23 中村航輔 DF 5 長友佑都 DF 19 酒井宏樹 DF 20 槙野智章 DF 22 吉田麻也 MF 4 本田圭佑 MF 8 原口元気 MF 11 宇佐美貴史 MF 17 長谷部誠 MF 18 大島僚太 FW 15 大迫勇也 監督 西野朗




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック






GK
フスト・ビジャール
(Justo VILLAR)
ナシオナル77.6.30180/80
アルフレド・アギラール
(Alfredo AGUILAR)
オリンピア88.7.18186/89
ヘラルド・オルティス
(Gerardo ORTIZ)
ソル・デ・アメリカ89.3.25187/84
DF
アラン・ベニテス
(Alan BENITEZ)
リベルタ94.1.25178/71
ファン・エスコバル
(Juan ESCOBAR)
セロ・ポルテーニョ95.7.11176/75
ファビアン・バルブエナ
(Fabian BALBUENA)
コリンチャンス
(ブラジル)
91.8.23190/82
ブルーノ・バルデス
(Bruno VALDEZ)
クラブ・アメリカ
(メキシコ)
92.10.6182/77
フニオール・アロンソ
(Junior ALONSO)
リール
(フランス)
93.2.11184/80
グスタボ・ゴメス
(Gustavo GOMEZ)
ACミラン
(イタリア)
93.5.6186/85
MF
リカルド・サンチェス
(Ricardo SANCHEZ)
オリンピア96.3.29176/
リカルド・オルティス
(Richard ORTIZ)
オリンピア90.5.22174/75
アントニオ・バレイロ
(Antonio BAREIRO)
リベルタ89.4.24167/65
ロドリゴ・ロハス
(Juan Rodrigo ROJAS)
セロ・ポルテーニョ88.4.9179/74
オスカル・ロメロ
(Oscar ROMERO)
上海緑地申花
(中国)
92.7.4176/73
アレハンドロ・ロメロ
(Alejandro ROMERO)
ニューヨーク・レッドブルズ
(アメリカ)
95.1.11171/67
ロベルト・ピリス・ダ・モッタ
(Robert PIRIS Da Motta)
サン・ロレンソ
(アルゼンチン)
94.7.26178/72
FW
アントニオ・”トニー”・サナブリア
(Antonio "Tonny" SANABRIA)
レアル・ベティス
(スペイン)
96.3.4180/75
デルリス・ゴンサレス
(Derlis GONZALEZ)
ディナモ・キエフ
(ウクライナ)
94.3.23172/63
フェデリコ・サンタンデール
(Federico SANTANDER)
FCコペンハーゲン
(デンマーク)
91.6.4181/79
アンヘル・ロメロ
(Angel ROMERO)
コリンチャンス
(ブラジル)
92.7.4177/71

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ