2019年03月

head_img_2008_sp

反町康治 監督

■北京・オリンピック・日本代表メンバー

GK1西川周作大分トリニータ
18山本海人清水エスパルス
DF3吉田麻也名古屋グランパスVVV→サウサンプトン
4水本裕貴京都サンガF.C.
5長友佑都FC東京インテル→ガザサダライ
6森重真人大分トリニータ
7内田篤人鹿島アントラーズシャルケ
13安田理大ガンバ大阪
MF2細貝萌浦和レッズ
8本田圭佑VVVフェンローチェスカ・モスクワ→ACミラン
10梶山陽平FC東京
12谷口博之川崎フロンターレ
14香川真司セレッソ大阪ドルトムント→マンチェスターユナイテッド
16本田拓也清水エスパルス
FW9豊田陽平モンテディオ山形
11岡崎慎司清水エスパルスマインツ→レスター
15森本貴幸カターニア
17李忠成柏レイソル

バックアップメンバー(北京)

Pos.選手名所属A代表
GK林彰洋流通経済大学
DF青山直晃清水エスパルス
MF上田康太ジュビロ磐田
梅崎司浦和レッズ



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

20150319_c20242
関塚隆監督

■ロンドン・オリンピック・日本代表メンバー


▽GK

権田修一(F東京)
安藤駿介(川崎F)

▽DF
OA徳永悠平(F東京)
OA吉田麻也(VVV)
山村和也(鹿島)
鈴木大輔(新潟)
酒井宏樹(柏)
酒井高徳(シュツットガルト)

▽MF
山本康裕(磐田)
清武弘嗣(C大阪)
東慶悟(大宮)
山口螢(C大阪)
扇原貴宏(C大阪)
宇佐美貴史(ホッフェンハイム)

▽FW
永井謙佑(名古屋)
大津祐樹(ボルシアMG)
齋藤学(横浜FM)
杉本健勇(東京V)

※OAはオーバーエイジ

バックアップ4名
GK OA林彰洋(清水)
DF 大岩一貴(千葉)
MF 米本拓司(F東京)
FW 山崎亮平(磐田)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



三浦知良(52)が3月22日、現役引退を発表したばかりのイチロー(45)への思いを語った。20年来の友人を慮る三浦に、ネットでは大反響を呼んでいる。

各メディアによると三浦は取材に応じ、イチローの引退について「喪失感がすごい」と話した。また今季の東京での開幕戦前にメールを送ったと明かし、「引退したからといって、野球を辞める必要はないですし。野球はずっと大切にしていって欲しいです。三振しようが何しようが、イチローさんにはずっとプレーして欲しいなと思います」とエールを送ったという。

Twitterではイチローを慮った三浦に感激する声が上がっている。

《お互い世界は違えどトップ選手として尊敬の念を感じているのかなと思った》
《フィールドは違うも互いにRespectしている関係性にすごいな!と思います》
《二人とも最高にカッコいいよなぁ》

三浦とイチローは平成のスポーツ界を牽引してきた大スター。ともに第一線で活躍してきたことや、神戸を拠点に活動していた時期もあるということでひそかに交流が始まっていたという。

「イチローさんは、15歳で単身ブラジルに乗り込んだカズさんに一目置いています。また現状に満足せず、常に努力し続けるスタイルも尊敬しているといいます。いっぽうカズさんも、イチローさんのストイックさを追求する姿勢について『マネできない!』と感心。お互いを友人でありながらもライバルのように感じており、フィールドは違えど切磋琢磨してきました。イチローさんの活躍ぶりは、カズさんにとっての励みや支えでもあったはず。ですから今回の引退は、カズさんにとっても思うところがあるのでしょう」(スポーツ紙記者)

16年8月、イチローの兄・一泰さんは「現役を長く続けることが弟の本意」と本誌に明かしていた。45歳にして、新たに舵を切り直すイチロー。そのこれからにも注目したい。



ガラタサライDF長友がSNSで思い綴る 「考え方やトレーニングなどを知りたくて…」

 マリナーズのイチロー外野手が21日、現役引退を表明した。ドイツの名門バイエルン公式ツイッターが反応するなど、サッカー界にも衝撃が広がったなか、日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)が公式ツイッターで「偉大すぎました」と思いを綴っている。
 
 45歳のイチローは同日、東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕2戦目に9番右翼で先発出場。4打数無安打に終わったなか、試合後に会見を実施し、「今日のゲームを最後に日本で9年、アメリカで19年目に突入したところだったんですけども、現役生活に終止符を打ち、引退することとなりました」と現役引退を発表した。
 
 世界記録の日米通算4367安打を樹立したイチローの存在は、現役のサッカー選手にも大きな刺激を与えていたようだ。イチローの現役引退発表を受けて、長友は22日に自身のツイッターを更新した。
 
「イチロー選手の考え方やトレーニングなどを知りたくて、何回イチローって検索したやろ。。笑」と冗談交じりに記すと、「偉大すぎました。夢をありがとうございました」と感謝と敬意を表する言葉を残している。
 
 長友自身も日本代表のサイドバックとして史上初めて100試合出場を達成し、代表出場歴も歴代3位タイの116試合を誇る。32歳の長友はまだまだ数字を伸ばしそうな気配だが、イチローという偉大な選手から様々なものを吸収し、自身のキャリアに役立てているようだ。


メルボルン・ビクトリーの元日本代表MF本田圭佑が3月22日、自身のSNSのツイッター( アカウントは @kskgroup2017 )を更新して、「努力」の方法――クオリティについてメッセージを届けた。

 本田は次のように呟いた。
「結果を出す為には、一定以上の努力でも十分可能だが、想像以上の結果を出すには、どんな努力をするかが大事なんです。

努力の方法を改善するには勉強で学ぶには限界があって、実際に体験しないとアイデアは出ない。

 そして、そんなことは当たりまえの事やと思ってる殆どの人が出来ていない」

『どんな努力をするか』『努力の方法を改善するには』と、努力の”質”について語っている。そして、それは体験によってアイデアが生まれるのだと。

 このメッセージのコメント欄には、ちょうど前日にメジャーリーグのシアトル・マリナーズで現役引退を発表したイチローについて記す読者が多く見られた。本田自身はそういったコメントに3月22日17時現在では返信をしていないが、時代を切り開いてきたアスリートとして、何か感じることがあったのか。




白鵬「上には上がいました」イチローに“申し訳ないことした”思い出

大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪、24日千秋楽)に出場中の横綱・白鵬(33=宮城野部屋)が22日午前、大阪市内の同部屋で報道陣に対応。この日の未明に現役引退会見を開いたイチロー選手について言及し、「(中で会見を)見ましたよ。“番付”という言葉を使っていましたね。相撲が好きなんだなというのが、伝わってきました。海外に行って、目に見えないプレッシャーもあったと思う」とねぎらった。

 イチロー選手が、プロ入りして最初の3年間を「ここまでですね、楽しかったのは」と振り返ったことには、「似ていますね」と相通じるものを感じた様子。「自分も関脇までは楽しかった。横綱大関を倒す、という思い出ね」と、しみじみと話した。

 それぞれの競技で、前人未到の記録を作り続けた2人。イチロー選手が会見で「記録はいずれ、誰かが抜いていくと思う」と語ったことには、白鵬も「記録というのものは抜かれるためにある」と同意していた。

 イチロー選手との思い出についても話した。初見だと思った食事会が、実は2度目の面会だと指摘されたことがあるという。「はじめまして、と言ってしまった。申し訳ないことをしました。私も忘れないほうだと思っていましたけど、上には上がいました」。過去の取組をなども鮮明に覚えている白鵬。それでもイチローの記憶力には舌を巻いたようだ。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

GettyImages-543626160-800x533

 手倉森誠監督

■リオデジャネイロ・オリンピック・日本代表メンバー

▼GK
櫛引政敏(鹿島アントラーズ)
中村航輔(柏レイソル)

▼DF
塩谷司(サンフレッチェ広島)※オーバーエイジ枠
藤春廣輝(ガンバ大阪)※オーバーエイジ枠
亀川諒史(アビスパ福岡)
室屋成(FC東京)
岩波拓也(ヴィッセル神戸)
植田直通(鹿島アントラーズ)

▼MF
遠藤航(浦和レッズ)
大島僚太(川崎フロンターレ)
原川力(川崎フロンターレ)
矢島慎也(ファジアーノ岡山)
中島翔哉(FC東京)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
井手口陽介(ガンバ大阪)

▼FW
興梠慎三(浦和レッズ)※オーバーエイジ枠
久保裕也(ヤング・ボーイズ/スイス)
浅野拓磨(サンフレッチェ広島)

■バックアップメンバー

▼GK
杉本大地(徳島ヴォルティス)

▼DF
中谷進之介(柏レイソル)

▼MF
野津田岳人(アルビレックス新潟)

▼FW
オナイウ阿道(ジェフユナイテッド千葉)


■トレーニングパートナー

▼GK
杉本大地(徳島ヴォルティス)※バックアップメンバーとしても選出

▼DF
小島雅也(ベガルタ仙台)

▼MF
渡辺皓太(東京ヴェルディユース)
冨安健洋(アビスパ福岡)

▼FW
小川航基(ジュビロ磐田)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1eb513a80c05896c06954be27e988b94_1542899291_1

  

〈GK〉

23 シュミット・ダニエル(27=仙台)

 〈DF〉

22 西大伍(31=神戸)

2 三浦弦太(24=G大阪)

19 安西幸輝(23=鹿島)

20 畠中槙之輔(23=横浜)

 〈MF〉

14 乾貴士(30=アラベス)

10 香川真司(30=ベシクタシュ)

25 小林祐希(26=ヘーレンフェイン)

11 宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)

15 橋本拳人(25=東京)

 〈FW〉
18 鎌田大地(22=シントトロイデン)


日本代表は22日にコロンビア代表(日産スタジアム)、26日にボリビア代表(ノエビアスタジアム神戸)と対戦する。森保監督が選んだメンバーは以下の通り。

▽GK
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)
中村航輔(柏レイソル)
東口順昭(ガンバ大阪)

▽DF
西大伍(ヴィッセル神戸)
安西幸輝(鹿島アントラーズ)
畠中慎之輔(横浜F・マリノス)
昌子源(トゥールーズ/フランス)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
三浦弦太(ガンバ大阪)
室屋成(FC東京)
冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)

▽MF
乾貴士(アラベス/スペイン)
山口蛍(ヴィッセル神戸)
小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)
中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
橋本拳一(FC東京)
堂安律(フローニンヘン/オランダ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
香川真司(ベシクタシュ/トルコ)

▽FW
鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー)
鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ